会長挨拶 President Greeting

クラブ運営について



mori


新型コロナウィルスによって世界が大きく変わりました。私たちの生活様式は大きく変化し、それまで「リモートなんて先のことだ」と思っていたことが、もう当たり前のことになっています。今までの価値観や常識が変化しています。
 そんな中でも温暖化による異常気象で起きる自然災害や深刻な環境問題等々、私たちの身近でも起きています。
私たち一人ひとりがやるべきことは、何でしょうか?

そこで、2022-23年度の会長テーマは
「奉仕しよう!行動しよう!自分ができるところから!できるしこ!」です。

まずは、一人のロータリアンとして職業奉仕を実践していきましょう。職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアンとしての私たちの職業を高潔なものにしていきましょう。
そして、社会奉仕として私たちはいろいろな社会奉仕を行っています。今年度も引き続き行っていきますが、令和2年7月豪雨のような災害がいつ起きるともわかりません。もし、そんなことが起こったらクラブの皆さんの力を合わせて、ロータリアンとして、できる限りのことやっていきましょう。
2022-23年度の国際ロータリー第2720地区の堀川貴史ガバナーは、「元気あるクラブづくりをサポートする」ことを目的として出前講座等を予定されています。 当クラブとしても大いに活用し、奉仕活動に生かしていきたいと考えています。

2022-2023年度 RI会長 ジェニファー・E・ジョーンズ氏のテーマは「イマジン・ロータリーImagine Rotary」です。このテーマについて、ジェニファー・E・ジョーンズRI会長は「イマジン Imagine」とは行動への呼びかけであるといっています。
「想像してください。私たちがベストを尽くせる世界を。私たちは毎朝目覚めるときその世界に変化をもたらせると知っています。昨日のことをイマジン(想像)する人はいません。それは未来を描くことです。」速いスピードで変化している世の中に 希望を与えられよう行動しましょう。
「カッコいいロータリアン」として。

1年間よろしくお願いいたします。

2022-23年度会長 森 正貴